ユッサ・えりと の ぶろぐログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・コーヴについて

<<   作成日時 : 2013/06/16 05:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ザ・コーヴという映画を見ました。

前々からちょっときになる映画だったのでー 

検索すると、無料で全編流しているところがありました。
(今はもう、公開していないかも・・・・)

イルカ漁のドキュメンタリー・・・・・ らしいのですが。。。

公開された当時って、2010年らしいのですが、いろいろな理由があって日本国内ではまともに公開されていません。


全部見てまず思ったのは・・・・

そもそも、なんでこんな映画が映画としてあるんかな?という疑問が湧いてきました。

大前提として・・・「イルカ漁がイケナイ事」として描かれています。


たとえば・・・ 牛に特別な思いのある人が、牛のトサツ場を隠し撮りして映画化した。。。って感じ。


隠し撮りってのも気になるんですよ。

それと、、、日本語がわからない故のなんだか変な表現も。

たとえば、イルカ漁を隠ぺいするために立ち入り禁止にしているとナレーションがあっても、画面に映っているのは「落石注意」の看板だとか・・・(英語看板には、「許可された人しか入れない」的な表現もあったけど」

そのほか、撮影クルーが乗った車が追跡されている・・・警察か?ジャパニーズマフィアか?
・・・という件を説明するときに、撮影クルーの車の窓にスプレーをかける日本人が映ったり・・・・
その日本人が着ているのは、ガソリンスタンドの制服。 
窓を拭く前に洗剤をかけているところでした。。。 eneosって帽子をかぶってた。。
一見スプレーに見えたが、実は霧吹きで洗剤をかけている。
洗剤をかけるシーンだけが流れた。 窓を拭いている所は映さない。

撮影クルーが勝浦のホテルに宿泊しているときに、私服警官に・・・
「日本に来た目的はイルカ漁と捕鯨に反対するため?」
と聞かれて、「ノー」と答えているシーン。。
「立ち入り禁止区域には入らないように」
と言われて、「わかっている」と答えているシーンがあります。

えー?って感じです。

撮影が許してもらえなかったから、隠し撮りするしかなかった・・・ということらしいです。


あと・・・・
イルカには水銀が入っているということから、「水俣病」の映像が流れたり。。。

かなりレベルが違うような・・・・


と、いろいろあげていくとなんだか「イルカ保護」目線で描かれていて、イルカ漁の漁師が悪人のように描かれているのがアンフェアに見えた映画というのが正直な感想でした。


ttp://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071500/iruka/
ここに、和歌山県の見解が書かれています。

私自身は、和歌山県の見解に大いに納得しています。


まぁ、、、この映画が通常の映画を同じように公開されるってのは無理があるなと考えるのは妥当かなと。。。










日本の詩情 第一集 『まつりと信仰』 第4巻 [DVD]
日経映像

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の詩情 第一集 『まつりと信仰』 第4巻 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

日本人は魚を食べているか
漁協経営センター
秋谷 重男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人は魚を食べているか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ザ・コーヴについて ユッサ・えりと の ぶろぐログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる